E-mail パスワード
次回から自動ログインする    
パスワード紛失  新規登録      
   ホーム | フォーラム | ブログ | Wiki | 用語集 | マイアルバム | カレンダー | リンク | サイト内検索 |  
タグクラウド
TOP  >  ブログ  >  なーお

なーお さんの日記

2件のうち1 - 2件目を表示しています。

[投稿日   ] [タイトル   ] [アクセス数   ]
3月
2 (月)
カテゴリー  機能の検証

ずいぶん前に、三菱motion周辺ツール「MTworks2」を買っていたのですが、色々忙しくて使ってませんでした。 

今ならキャンペーン中(pdf)で、(2009年3月31日まで)1万円ぽっきりで手に入ります。 ・・知っていたら待ったのに。。 :-o

MTw2.jpg

編集アプリケーションが一本化

 これまでは、motionOS(SW13、SW22、etc・・)毎にアプリケーションが別々だったのだけれど、ようやく一本化されてすっきりした。

使いやすい編集画面

 1ペインでシステム設定・サーボ設定・SFCプログラム編集などが行えるし、左側のプロジェクトエクスプローラーでSFCやサーボプログラムなども同時に一覧できるので、編集がやりやすい。 SFC編集時にもSFC図の拡大/縮小が可能で、最近のアップデートでSFC図のシンボルが水色になって見やすく改善された。

複数のプロジェクトが開ける

 周辺ツール自体、1つしか開けなった。 サブproject画面でもうひとつだけプログラム編集は開けたが、システム設定その他は1つだけだった。 今回ようやく複数のプロジェクトを開けるようになって、他プロジェクトとの比較やコピペが非常に楽になった。(もちろん、同じプロジェクトは2つ開けない)

1プロジェクトあたりのファイル数が大幅に減った

 今まで、非常識ともいえるファイル数(5000/1プロジェクト、等)を扱っていたので、プロジェクトの開く/保存・閉じる時の待ち時間がばかにならなかった。 今回根本的に改善し、時間とパソコンのパワー浪費が抑えられた。
 また、プロジェクトをサーバーに保管したり、USBメモリなどでコピーする際にも 結果として大幅に速度アップされた。

デジタルオシロがwindows仕様に

 念願のwindows仕様のデジタルオシロが搭載された。 これまでいかに使いづらかったかを、改めて実感できる。 グラフ印刷もEXCEL変換せずにできる。

ラベルプログラミング

 iQモーション(QD17*CPU)では、ラベルプログラミングが可能。まだあまり使われていないし、今後も微妙だが?

前のほうがよかったこと?

 あくまで個人的な見解ですが、以下は前のほうがよかったかも?

  • SFCのデータが、テキストでなくバイナリファイルになってしまったので、以前のようにテキストで中身を見たり、編集したりできなくなった。 (そんなことしていた人間は私くらいか。)
  • デジタルオシロのグラフ印刷機能ができたお陰で、EXCELグラフ変換が無くなった(?)ようで、EXCELのグラフ作成は自分の手でしなければならない。(たいした手間ではないけど)
  • 編集画面、なんだかわからないけれども、開いているだけでCPUパワーを相当消費している。。

こんな感じですが、自分的にはどんどんつかってみようと思います。

以上

続きを読む | 閲覧(13534) 
3月
2 (月)
カテゴリー  仕事日記

VirtualBox仮想OSからUSB通信

 明らかにメーカー推奨ではないアングラ情報ですので、自己責任でお試しということで。 :-D
 PCの仮想化ソフトの中で、VirtualBoxを使って仮想OS内から三菱のUSB通信ドライバで通信が使えるかどうか、試してみました。 なんと、OKです!  :-o

  1.  まず、ゲストOSをシャットダウン状態にします。
  2.  ホストOSのVirtualBoxの設定で、USBデバイスを追加します。
  3.  ゲストOSを起動し、そのUSBデバイスを指定して、USBケーブルをPLC(ないしはモーション)と接続します。
  4.  ホストOS側で、VboxUSBドライバがインストールされます。
  5.  ゲストOS側で、本来のUSBドライバを要求してきたらインストールします。

 以上の手順で、三菱のシーケンサQ06HCPU、モーションQ173CPUに、ゲストOSからUSB接続できました。 これはすごい。 :-)

200902_vbox_USB.jpg

 上の画像は、ゲストOSでモーション、ホストOSでシーケンサをモニタしてみたところです。

 今まで、モーションは1つのUSB接続先しか選べませんでしたが、これならホストOSとゲストOSで別の接続が可能な気がします。 但し、USBハブはルートハブしか認識しないっぽいので、ノートPCでUSBポートが2つしか無かったりする場合は、少々厳しいですね。

VirtualVBoxの使用感

  1.  速度的には、MicrosoftのVirtualPC2007に比べて十分に速い。 特に共有ドライブ経由のアクセスがかなり速く安定した印象。 スクリーンショット中の、いつも仕事で使うmotionのツール。1プロジェクトでファイル数5000くらいを一気に開いたり保存したりするので、そのメリットを十分に受けられそう。
  2.  サスペンド時間は同等で、レジュームがかなり速い。
  3.  ゲストOS起動中にホストOSで感じる「重さ」も、VirtualPCよりは軽いように思う。
  4.  ホストで接続したネットワークサーバーの共有ドライブが、 VirtualBoxの共有ドライブ設定で接続可能。 さすがに印刷まではできない。 :-D
  5.  あと、VirtualPCでできた仮想ホストのデスクトップへのファイルの直接ドラッグ&ドロップが、できない。

win98は

 試しに、windows98もVBoxに変換してみたが、これは全くだめ。 速度が遅すぎ。 何か不都合な原因があるのだろうが、win98はVirtualPCに戻した。

ライセンス

 個人用途・教育・評価用途に限り無償。 法人用途では100ユーザー以上から販売するらしい。 一人で仕事に使う場合は、ずっとサポート無しで評価し続ければ問題ないのかな・・

続きを読む | 閲覧(12368) 
2件のうち1 - 2件目を表示しています。

 
日記投稿者リスト
投稿者
なーお さんの日記
アクセス数: 760426 



カレンダー
«前の月次の月»
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
カテゴリー
新着日記
新着コメント
月表示
画像表示

メインメニュー